口腔外科
インプラント
顎関節症
ホーム > 無痛治療

無痛治療

無痛治療とは?

無痛治療とは?のイメージ

荻原歯科で使用されている麻酔針は、30Gと可及的に細い針を用いており、患者様の麻酔時における痛みを極限まで抑えております。また、表面麻酔を用いて針入時の痛みも出来るだけ少なくするよう努めております。
また外科手術、インプラント埋入時の際には、患者様の希望があれば東京慈恵会医科大学付属病院麻酔科専門医と連携をとり、静脈内鎮静法を併用し施術を行うことも可能です。


静脈内鎮静法とは?

静脈内鎮静法とは?のイメージ

静脈内鎮静法とは、点滴をしながら半分寝たような状態で行う麻酔で、専門の麻酔科医が行い、覚醒した時の患者様の半数は何があったかほとんど覚えていません。
術中の痛みをほとんど感じることはなく、麻酔科医が管理をしながら行うため、インプラント手術に対して恐怖感のある方、全身疾患をお持ちの方でも安心して手術を行うことが可能です。

お問い合わせ