口腔外科
インプラント
顎関節症
ホーム > インプラント

インプラント

インプラントとは?

インプラント治療は虫歯や事故などで歯が抜けてしまった人にとっての最良の治療です。
抜けた箇所に人工の歯根を埋め込み、そこに歯を作る方法になります。見た目には普通の歯が生えてるように見え、
違和感はありません。
ブリッジや入れ歯と比べ歯を削る心配はなく、違和感(装着感)を気にする必要がありません。
審美的にも優れ、ご自分の歯が生まれ変わったかのようになります。

インプラントのメリット

1.元の歯以上にかむ力が回復します。
2.義歯の不快感から解放されます。


3.食事の楽しさを取り戻せます。


4.残っている歯を大事にできます。


5.義歯に比べ審美的です。


インプラント治療の流れ

※なお、インプラントの治療の流れ、術式等は症例や使用するインプラントの種類によって異なる場合がございます。

お口の状況は人それぞれですので必ず模型を作成し噛み合わせなどを確認致します。
患者様にとって適切かつ最適なインプラント治療計画を患者様と一緒に立て、施術の内容(どの部位に何本必要かなど)を確認します。

CTで診断を行います。当院では必ずインプラントの術前にCTの撮影を行っております。
それにより、骨の幅、高さなどを詳しく把握することができ、より安全に正確なインプラントの埋入を可能にします。

モニタリングをし患者様のバイタルを確認しながら、消毒のレベルを上げ、手術を行っていきます。

手術からおよそ3か月が経過した後に、インプラントと骨が癒着したのを確認し、型取りを行っていきます。

インプラント技工に長けた専門の技工士が、人工歯を作成します。

step6で完成した人工歯を装着し、最終的なケアを施します。今後は、プラークコントロール、かみ合わせのチェック&コントロールを行い、定期的なアフターメンテナンスで患者様と一緒に歯の健康を保ちます。

※なお、インプラントの治療の流れ、術式等は症例や使用するインプラントの種類によって異なる場合がございます。

インプラントの寿命

インプラントの寿命は、インプラント本体はチタン製で非常に丈夫なものですので、患者様や、その他の条件によって変わってきますが、一般的に90%以上の患者様が10年以上もつとされています。
インプラントの寿命が短くなる原因としては、噛み合わせに起因するもの、無理な設計、口腔衛生状態が悪くておこる汚れが由来するものです。天然歯を含め、インプラントを長持ちさせるためには、毎日適切な歯磨きをする習慣を身につけ、口腔内を常に清潔に保つことが大切です。

定期検診が非常に大切

インプラントの寿命は術後の定期検診によって大きく左右します。
インプラントといえど周囲に細菌が付着し、定期的に取り除かなくてはなりません。
当院では半年に一度のメンテナンスを実施しております。

お問い合わせ