口腔外科
インプラント
顎関節症
ホーム > 義歯(入れ歯)

義歯(入れ歯)

義歯(入れ歯について)

義歯(入れ歯について)のイメージ

歯周病や虫歯などで歯が抜けてなくなってしまった場合、放おっておくと大変なことになります。
まず、歯が上下揃ってない箇所で咀嚼ができないので、バランスの悪い咬み方が癖になります。
その結果、アゴを取り囲む筋肉バランスも悪くなり、顎関節症や顔の歪みなどがおこることも決して珍しくありません。

残っている周りの歯の状態やアゴの骨の状態によっては、ブリッジやインプラントの様な固定性の装置を使うことが難しい場合は、着脱式の義歯を使って補わなければなりません。

入れ歯の種類

レジン床義歯

プラスチックで制作されているため、床が厚くなっています。クラスプは針金を曲げたようなもので熱を通しにくい特徴があります。保険適用内で最も一般的なタイプの義歯です。

金属床義歯

クラスプを患者様の歯の形に合わせて溶かすため安定感があります。金属なので薄く作ることが可能です。また、熱を通しやすく、冷たいものや熱いものを感じることができます。保険適用外の義歯です。

ノンスクラブデンチャー

針金をかける部分がないため、審美的に優れています。保険適用外になります。

メンテナンスに関して

調整

装着直後は入れ歯が当たって痛い、ゆるくて外れてしまう、噛み合わせがうまくいかない、話しにくいなどの問題が起こることもあります。そういった部分は何度か調整をしてより快適に入れ歯を使えるようにしていきます。
ただ、調整しなかったり、自分で治そうとしたりすることは、トラブルのもとになります。

入れ歯の取り外し

装着直後は取り外しがスムーズにできないこともありますが、力任せで無理な力を加えたり、乱暴な扱いをすると変形破損して使えなくなってしまいます。せっかくの入れ歯ですので取り外しは慣れるまで慎重に行い、入れ歯を壊さないようにして下さい。
絶対に歯に合わないという理由で自分で調整することはやめましょう。入れ歯はかみ合わせや、他の歯にあわせて作られています。痛みが緩和するからと言って自分で曲げたり削ったりすると健康な歯に無理な負担をかけることになります。取り扱いに注意しましょう。

入れ歯は清潔に

入れ歯は毎食後に外して頂き、食後寝る前の歯磨きする際に一緒に洗ってください。針金の部分や床の裏に食べかすがつきやすいので、きれいに洗い清潔に保ちましょう。

お問い合わせ